LLMOpsとは何ですか?

by Stephen M. Walker II, 共同創設者/CEO

LLMOps(大規模言語モデル操作)とは何ですか?

LLMOps、または大規模言語モデル操作、はMLOps(マシンラーニング操作)の広範な分野の中で、大規模言語モデル(LLMs)の管理、デプロイ、および保守に焦点を当てた専門的な分野です。

LLMは、人間のようなテキストを生成し、言語を翻訳し、さまざまな種類のクリエイティブなコンテンツを作成し、情報的な方法で質問に答える能力を持つ強力なAIモデルです。

しかし、その複雑さとリソース要件のため、LLMは操作に関して独自の課題を提示します。

LLMOpsの紹介

大規模言語モデル(LLM)は、人間のようなテキストを生成するために大量のテキストデータで訓練された人工知能システムの一種です。 LLMOPSは、これらの大規模言語モデルを実用的なアプリケーションにビルド、訓練、デプロイするプロセスを指します。

大規模言語モデル(LLM)のようなGPT-4は、人間のようなテキストを生成するその不思議な能力で世界を席巻し、次世代の生産性アプリのパワーを引き出しています。しかし、舞台裏では、これらの複雑なAIシステムを管理するための微妙な作業が必要です。

ここで大規模言語モデル操作(LLMOps)が登場します。これは、LLMを管理し、その最適なパフォーマンスを確保するための包括的なアプローチです。 LLMOpsの世界、その主要なコンポーネント、ベストプラクティス、実世界のアプリケーションを探求し、LLMの力を最大限に引き出す秘密を解き明かします。

このガイドでは、LLMOpsの実用的な芸術と科学を探求します。専門家の実践者がこれらの強力なモデルをどのように飼いならし、その出力を整列させ、より有用で、一貫して高性能にするかを発見します。

主な取り組み

  • 概要: LLMOpsは、LLMの特定の課題に対処し、プロダクション環境で大規模言語モデル(LLM)を開発、デプロイ、および維持するためのインフラを提供します。

  • クラシックMLワークフロー: データ管理と前処理、モデルの微調整/適応、および監視/保守は、効果的なLLMOpsワークフローのコアコンポーネントです。

  • 最適化: プロンプトエンジニアリングや検索拡張生成のような技術は、LLMをタスクに適応させ、知識ギャップを埋めるためのベストプラクティスです。

  • ベンチマーク: 定期的なモデル評価/ベンチマークは、時間をかけて最適なLLMパフォーマンスを確保します。プライバシーとコンプライアンス規制の遵守も重要です。

  • オーケストレーション: オーケストレーションプラットフォーム、フレームワーク、ライブラリ、および観測可能性ツールは、大規模なLLMの開発、デプロイ、および保守を効率的に行うのに役立ちます。

LLMOpsの出現

特にLLMと呼ばれる機械学習モデルの利用が急速に増加していることから、効率的なモデル管理とデプロイメントの必要性が生じています。LLM、別名ファウンデーションモデルは、深層学習モデルを使用して大規模なテキストデータセットで訓練し、文法、意味論、文脈を学習します。ファウンデーションモデルのアーキテクチャは、テキスト内の関係を理解するのに適しており、LLMが文中の次の単語を予測することを可能にします。これにより、LLMは現代のAIシステムのバックボーンとなり、基礎モデルとしての機械学習モデルの実例となっています。

その力にもかかわらず、そのライフサイクルを管理し、多様なタスクでのパフォーマンスを最適化するためには、専門的な技術とツールが必要です - これがLLMOpsの役割です。

LLMOpsは、LLMのライフサイクルを監督するための包括的な実践とツールのセットであり、プロダクション環境での基礎モデルのデプロイメントと保守の特定の要求とニーズに対応します。それは、事前に訓練された言語モデルを下流の目標に合わせて調整し、プロセス中に機密データの保護を確保することに焦点を当てています。

LLMOpsは、ユーザーが以下のことを可能にする協力的な環境を促進します:

なぜLLMが重要なのか

大規模言語モデル(LLM)は、自然言語処理の分野に革命をもたらしました。それらは、以下のような幅広い操作の道を開きました:

  • チャットボット
  • コンテンツ生成
  • 機械翻訳
  • 感情分析
  • テキストの要約
  • 質問応答システム

これらの操作により、LLMは現代のAIシステムの不可欠な部分となり、機械が人間とより自然で直感的な方法で理解し、対話することを可能にしました。

しかし、これらの複雑なモデルは、以下を含むいくつかの課題に直面しています:

  • 自然言語の曖昧さ
  • ホールシネーションとバイアス
  • コストと遅延の問題
  • 完成度の整合性
  • タスクの熟練度
  • 知識の欠如

これらの課題を解決することは、LLMの全潜在能力を解き放つために重要です。

LLMの課題

その印象的な能力にもかかわらず、LLMは最適なパフォーマンスを確保するために解決する必要があるいくつかの課題に直面しています。主な障害には以下のようなものがあります:

  • 自然言語の曖昧さ

  • ホールシネーションとバイアス

  • コストと遅延の懸念

  • 完成度の整合性

  • タスクの熟練度

  • 知識の欠如

これらの課題は、LLMの真の潜在能力を解き放つための探求で克服する必要があります。

以下のサブセクションでは、これらの課題をより深く探求し、LLMの効果的な管理とデプロイメントに固有の複雑さを理解するのに役立ちます。

自然言語の曖昧さ

人間の言語は本質的に曖昧であり、単語やフレーズはしばしば複数の解釈を持つことがあります。これは、LLMが文の意図した意味を理解することを難しくします。文脈を理解できないことは、LLMが誤ったまたは無意味な出力を生成する原因となります。

この障害を克服するためには、文脈を十分に理解し、正確な仮定を立てることが必要です。これにより、LLMは意味のある正確な出力を生成することができます。

ホールシネーションとバイアス

LLMは、現実に基づいていない出力(ホールシネーション)を生成したり、訓練データに存在するバイアスを示したりすることがあります。ホールシネーションは誤った決定や不正確な情報の拡散を引き起こす可能性があり、バイアスは不公平で差別的な結果をもたらす可能性があります。

これらの問題を軽減するためには、現実世界を反映したデータセットを使用し、データ増強や正則化のような技術を実装することが必要です。

コストと遅延

LLMは大量の計算リソースを必要とするため、デプロイメントに高いコストと遅延の懸念が生じます。大規模なLLMの訓練は数十万から数百万ドルに及び、推論(モデルを使用して出力を生成すること)のコストもかなりのものになることがあります。

大量のデータ処理要件により遅延問題が生じることがあり、これはユーザー体験やLLMの実世界でのアプリケーションにおける全体的な効果に影響を与える可能性があります。

完成度の整合性

LLMが生成する完成度がユーザーの意図と望ましい結果と一致することを確保することは、LLMOpsにおける課題です。完成度の整合性は、知識グラフ(KG)内の欠落情報を推測または予測し、複数のKG間でエンティティと関係を整列させることを含みます。

完成度の整合性を効率的に達成するためには、さまざまなアルゴリズムとモデルの適用、および手元のタスクの明確な理解が必要です。

タスクの熟練度

LLMは、最適なパフォーマンスを達成するために特定のタスクに微調整され、適応させる必要があります。LLMは大規模なデータセットで訓練され、特定のタスクに対して設計されていないため、タスクに対して正確で関連性のある出力を生成するためにはカスタマイズが必要です。

しかし、LLMを個々のタスクに微調整し、カスタマイズすることは課題をはらんでおり、モデルとタスク要件の両方を深く理解することが必要です。

知識の欠如

LLMは特定のドメインや最近の出来事についての知識が欠けている可能性があり、これにより不完全または時代遅れの出力が生じる可能性があります。LLMの知識のギャップには、現在の出来事、文化的な参照、ドメイン固有の知識の理解の欠如が含まれることがあります。

これらの知識のギャップを解消するためには、訓練セットに追加のデータを組み込むなどのデータ増強技術や転移学習を適用することができます。さらに、異なるモデルを組み合わせること、例えば、取得強化生成モデルを使用することで、これらのギャップを埋め、LLMのパフォーマンスを向上させることができます。

LLMOpsの主要なコンポーネント

LLMOpsは、データ管理と前処理、取得システム、モデルの微調整と適応、デプロイメントと監視、プロンプトのバージョニングと評価という5つの主要なコンポーネントを包含しています。これらは、LLMが直面する課題に対処し、その最適なパフォーマンスを保証するためのものです。

これらのコンポーネントを効果的に実装することで、LLMOpsはLLMの開発、デプロイメント、保守を簡素化し、組織がこれらの強力なモデルの全潜在能力を引き出すことを可能にします。

データ管理と前処理

効果的なデータ管理と前処理は、データ収集、クリーニング、組織化を含むLLMの訓練に不可欠です。データ品質と整合性を確保することは重要であり、これはLLMのパフォーマンスに直接影響します。スペルチェック、レーベンシュタイン距離の計算、重複の削除、外れ値の除去などの技術が一般的に使用されています。

さらに、データ暗号化やアクセス制御などのデータストレージとセキュリティ対策を実装する必要があります。これは、機密情報を保護し、データ保護規制の遵守を確保するためです。特に、ドメイン固有のデータを取り扱う場合には重要です。

取得システム

取得システムはLLMOpsにおいて重要な役割を果たし、取得強化生成技術のバックボーンとなります。これらのシステムは、大量のデータから関連情報を取得するように設計されており、LLMの外部知識源として機能します。取得システムを統合することで、LLMは訓練データに存在しない追加情報にアクセスし、それを組み込むことができ、これにより知識ベースが強化され、出力品質が向上します。

モデルの微調整と適応

特定のタスクに対する事前訓練済みLLMの適応は、微調整prompt engineeringを通じて、望ましい出力を得るために、タスクのパフォーマンスを向上させるために不可欠です。微調整は、適切なモデルアーキテクチャの選択、モデル訓練の最適化、モデルパフォーマンスの評価を含みます。

一方、プロンプトエンジニアリングは、タスクに特化したプロンプトを設計することに焦点を当てています。これらのアプローチを組み合わせることで、LLMは幅広いタスクに対して正確で関連性のある出力を生成するように調整することができます。

デプロイメントと監視

LLMを本番環境にデプロイし、監視することは、パフォーマンスの維持、問題の解決、コンプライアンスの確保にとって重要です。継続的な統合とデプロイメント(CI/CD)パイプラインは、テストとmodel deployment processesを自動化することで、モデル開発プロセスを促進します。

適切な指標、例えば、精度、F1スコア、BLEUを使用して定期的にモデルを評価し、ベンチマークを設定することは、モデルパフォーマンスを評価し、パフォーマンスに関連する問題を検出し、修正するために重要です。モデル監視を実装することで、このプロセスをさらに強化することができます。

さらに、データプライバシーを保持し、GDPRやCCPAなどのデータ保護規制を遵守することは、責任あるLLMのデプロイメントと監視の重要な側面です。

プロンプトのバージョニングと評価

プロンプトのバージョニングは、LLM用のプロンプトの異なるバージョンを作成し、管理することを含みます。このプロセスにより、データサイエンティストは異なるプロンプトを試し、その効果をテストし、手元のタスクに最適なものを選択することができます。

プロンプトのバージョニングは、フィードバックと結果に基づいてプロンプトを継続的に改善し、適応させることができるため、より良いLLMのパフォーマンスにつながる可能性があります。また、使用されたプロンプトの履歴記録を提供し、これは将来の参照やモデルパフォーマンスの進化を理解するために有益である可能性があります。

プロンプトを作成するだけでなく、その効果を評価することも同じくらい重要です。プロンプトの評価は、LLMが望ましい出力を生成するように導くための異なるプロンプトのパフォーマンスを評価することを含みます。

これは、異なるプロンプトによって生成された出力を比較する、精度、F1スコア、BLEUなどの指標を使用する、またはユーザーフィードバックを通じて行うことができます。定期的なプロンプトの評価により、選択したプロンプトが最善の結果を継続的にもたらすことを確認し、時間の経過とともにプロンプトの改善と向上を可能にします。

LLMOpsのベストプラクティス

LLMOpsのベストプラクティスを実装することで、LLMのパフォーマンスを大幅に向上させ、デプロイメントに関連するリスクを軽減することができます。これらのプラクティスには以下のようなものがあります:

  • プロンプトエンジニアリング

  • 取得強化生成

  • モデルの評価とベンチマーキング

  • プライバシーとコンプライアンス

これらのベストプラクティスを遵守することで、組織はこれらの高度なAIモデルの全潜在能力を引き出すことができ、その力だけでなく、その安全性と責任も確保できます。

プロンプトエンジニアリング

効果的なプロンプトを作成することは、LLMを導き、望ましい出力を生成し、タスクのパフォーマンスを向上させるために不可欠です。よく構築されたプロンプトは、モデルが望ましい出力を生成するように導くことができ、不適切なプロンプトは関連性のないまたは非論理的な結果につながる可能性があります。

効果的なプロンプトを作成するためには、簡潔な言語を使用し、曖昧さを排除し、モデルがタスクを理解するために十分なコンテキストが提供されていることを確認することが推奨されます。

取得強化生成

LLMを外部の知識源と組み合わせることで、その能力を強化し、知識の欠如の問題を解決することができます。取得強化生成は、取得モデルと生成モデルを組み合わせてより正確で多様な出力を生成する技術です。

このアプローチは、LLMの知識のギャップを埋めるのに役立ち、幅広いタスクでより正確で関連性のある出力を生成することができます。

モデルの評価とベンチマーキング

適切な指標とベンチマークを使用してLLMのパフォーマンスを定期的に評価することは、品質を維持し、問題を解決するために重要です。一連の指標、例えば、精度、F1スコア、BLEUに対するモデルパフォーマンスの評価は、パフォーマンスに関連する問題を検出し、修正するのに役立ちます。

モデルのパフォーマンスを他のモデルや業界のベンチマークと比較することで、モデルのパフォーマンスと最適化を改善するための貴重な洞察を得ることができます。

プライバシーとコンプライアンス

LLMOpsでは、データプライバシーと規制遵守を確保することが重要です。主なステップには以下のようなものがあります:

  • データセットから個人を特定できる情報(PII)を削除するための匿名化技術の実装

  • GDPRやCCPAなどのデータ保護規制の遵守

  • 機密データの保護と責任あるLLMのデプロイメントの確保

定期的な監査と評価は、継続的なコンプライアンスとセキュリティを保証するために重要です。これにより、データ保護の高い基準が維持され、強固なモデル管理が維持されます。

LLMOpsのツールとプラットフォーム

オーケストレーションプラットフォーム、フレームワーク、ライブラリ、観測可能性ツールなど、LLMOpsを強化するための多くのツールが利用可能で、LLMの開発、デプロイ、保守を簡素化します。これらのツールとプラットフォームは、データサイエンティストとエンジニアがLLMをより効率的に管理するのを助け、LLMのデプロイメントに関連する課題に対処し、幅広いアプリケーションでの最適なパフォーマンスを確保します。

モデルオーケストレーションプラットフォーム

DatabricksやHugging Faceのようなプラットフォームは、データ管理からデプロイまで、LLMの管理に関するエンドツーエンドのソリューションを提供します。これらのオーケストレーションプラットフォームは、データ管理、モデルの微調整と適応、デプロイ、監視などの機能を提供し、チームが協力的な環境で一緒に働き、データを効率的に探索し、実験を追跡し、モデルとパイプラインをエンジニアリングし、制御を持ってモデルをデプロイすることができます。

これらのプラットフォームは、チームがLLMを管理するための包括的なツールスイートを提供します、データからツールまで。

フレームワークとライブラリ

TensorFlowやPyTorchのようなオープンソースのフレームワークとライブラリは、LLMの開発と微調整を容易にします。これらのフレームワークとライブラリは、データサイエンティストとエンジニアに、効果的に管理し、LLMをデプロイするためのポータブルで本番環境に適したパイプラインを構築するためのツールを提供します。

これらの強力なフレームワークとライブラリを活用することで、組織はLLMの開発とデプロイを加速し、幅広いアプリケーションでの最適なパフォーマンスを確保することができます。

観測可能性と保守ツール

Kluのようなツールは、LLMのリアルタイムの監視と保守を可能にし、最適なパフォーマンスを確保し、問題が発生したときにそれらを対処します。これらの観測可能性と保守ツールは、LLMの健康状態とパフォーマンスについての洞察を提供し、チームが問題を迅速に検出し、修正することを可能にします。

これらのツールをLLMOpsのワークフローに組み込むことで、組織はLLMの品質とパフォーマンスを維持することができ、さまざまなアプリケーションでの継続的な成功を確保することができます。

LLMOpsの実際の使用例

LLMとLLMOpsは、さまざまな業界と使用例で適用されており、これらの強力なAIモデルの多様性と可能性を示しています。ヘルスケアからAIアシスタント、チャットボットからプログラミング、教育からデータとの会話アプリケーション、セールスからSEOまで、LLMは私たちがAI技術と対話し、活用する方法を再定義しています。

以下のサブセクションでは、LLMとLLMOpsの実世界での応用について詳しく説明し、多様なセクターでのその変革的な影響を示します。

AIアシスタント

AIアシスタントとチャットボットは、私たちのデジタルライフの不可欠な一部となっており、LLMOpsはその能力を強化するための重要な役割を果たしています。LLMOpsの技術を使用することで、AIアシスタントはより自然で会話的なインタラクションを生成することができ、より直感的でユーザーフレンドリーな体験を提供します。

さらに、LLMOpsはより正確でパーソナライズされたチャットボットの会話を生成するために利用することができ、さまざまな業界での顧客満足度とサポートを改善します。

チャットボット

LLMOpsの開発と管理におけるチャットボットの応用は、そのパフォーマンスと有用性の大幅な改善につながっています。以下のためのLLMOpsの技術を利用することで:

  • モデルの訓練

  • パッケージング

  • 検証

  • デプロイメント

チャットボットは、ユーザーとのより正確でパーソナライズされたインタラクションを提供することができます。

その結果、企業は顧客により良いサービスを提供し、運用を効率化することができ、最終的に成長を促進し、全体的な顧客体験を向上させることができます。

データQ&A

ビッグデータの時代において、データと自然言語処理を通じて対話する能力はますます重要になっています。LLMとLLMOpsによって駆動されるデータとの会話アプリケーションは、ユーザーがデータと対話することで洞察を得て意思決定を行うことを可能にします。

これにより、パターンやトレンドを認識するプロセスを加速し、隠れた洞察を発見することができます。これは最終的に以下につながります:

より情報に基づいた決定

  • 改善された結果

  • 効率の向上

  • 生産性の向上

  • より良い顧客満足度

多様な業界が、データとより直感的で効率的な方法で対話するために、LLMとLLMOpsの力を活用しています。

教育

LLMとLLMOpsは教育の領域で大きな可能性を秘めており、パーソナライズされた学習体験、インテリジェントなチュータリングシステム、コンテンツ生成の可能性を提供します。LLMOpsの技術を活用することで、教育者はより魅力的で個々の学生のユニークなニーズに対応した教育コンテンツを開発することができます。

さらに、LLMによって駆動されるインテリジェントなチュータリングシステムは、リアルタイムのフィードバックとサポートを提供し、よりダイナミックな学習環境を育成し、より良い教育成果を促進することができます。

ヘルスケア

ヘルスケア分野では、LLMOpsは患者のケアと結果を向上させるための重要な役割を果たしています。LLMは、患者データを評価してパターンとトレンドを検出し、ヘルスケア専門家がより情報に基づいた決定を下すのを助けるために使用することができます。

さらに、LLMOpsは、医療コーディングと請求などのプロセスを自動化したり、治療法や薬の個別の推奨を提供したりするために活用することができます。ヘルスケアでLLMをデプロイすることで、組織は患者ケアを改善し、プロセスを効率化し、最終的には命を救うことができます。

セールス

LLMOpsは、セールスプロセスの変革において重要な役割を果たすことができます。LLMOpsが利用できる例は以下の通りです:

  • セールス予測

  • 顧客感情分析

  • セールスプロセスの自動化

  • コンテンツ生成

LLMOpsの技術を活用することで、企業は顧客のニーズと好みについてより深い洞察を得ることができ、より情報に基づいた決定を下し、最終的に成長を促進することができます。

さらに、LLMを使用したセールスプロセスの自動化は、効率の向上とコスト削減につながり、企業に競争優位を提供します。

SEO

検索エンジン最適化(SEO)はオンライン成功の重要な要素であり、LLMOpsは検索エンジン向けのコンテンツ最適化において重要な役割を果たすことができます。コンテンツ生成、キーワードリサーチ、自然言語処理のためのLLMOpsの技術を活用することで、企業はより関連性の高い魅力的なコンテンツを作成し、検索エンジンの結果ページ(SERPs)でより高いランキングを達成することができます。

これは、増加した有機的なトラフィックを駆動するだけでなく、企業がより強力なオンラインプレゼンスを構築し、ターゲット市場でより大きな視認性を達成することを可能にします。

ソフトウェア開発

LLMを使用したプログラミングタスクの自動化は、ソフトウェア開発プロセスを革新する可能性があります。LLMOpsの助けを借りて、LLMはコードスニペットを生成したり、バグ修正を自動化したり、ユーザー入力に基づいて全体のアプリケーションを作成したりすることができます。

これは開発プロセスを合理化するだけでなく、開発者がより複雑で高価値のタスクに集中することを可能にし、最終的にソフトウェア開発の品質と効率を向上させます。

結論

大規模言語モデルとLLMOpsは、AIの新しい時代をもたらし、業界やタスク全体を変革しています。LLMが直面する課題を理解し、LLMOpsのベストプラクティスを実装することで、組織はこれらの強力なAIモデルの全潜在能力を引き出し、成長を促進し、効率を向上させ、より良い結果を得ることができます。LLMとLLMOpsの応用がさらに拡大するにつれて、私たちはAIが私たちの日常生活のさらに重要な部分となり、イノベーションを促進し、私たちが生活、仕事、コミュニケーションを行う方法を向上させる未来を楽しみにしています。

よくある質問

MLOpsとLLMOpsの違いは何ですか?

MLOpsとMlopsは二つの異なる分野で、MLOpsは機械学習モデルの管理とデプロイメントに焦点を当てていますが、Mlopsは機械学習を使用して運用プロセスを最適化することに関心があります。

MLOpsは機械学習モデルの開発、デプロイ、管理に焦点を当てていますが、Mlopsは機械学習を使用して運用プロセスを最適化することに関心があります。これには、タスクの自動化、効率の向上、コスト削減が含まれます。両方の分野は、組織が機械学習の価値を最大化するために不可欠です。

LLMOpsは大規模言語モデルの機能をどのように強化しますか?

LLMOps、または大規模言語モデル操作は、大規模言語モデルの機能を強化するために、その運用管理に必要なインフラストラクチャとツールを提供します。

これには、LLMを構築、デプロイ、評価、訓練するための実践、技術、ツールが含まれます。これにより、LLMOpsはリソースの効率的な使用、モデルパフォーマンスの最適化、LLMの既存のシステムとワークフローへのシームレスな統合を確保します。

さらに、LLMOpsはLLMの継続的な監視と微調整を可能にし、進化するデータパターンと要件に対するその適応性を確保します。これは最終的にモデルの精度、信頼性、全体的なパフォーマンスの向上につながります。

AIのLLMとは何ですか?

大規模言語モデル(LLM)は、深層学習技術と広範なデータセットを使用して新しいコンテンツを生成、要約、予測する人工知能(AI)アルゴリズムの一種です。

それは確率モデルとフィードフォワードニューラルネットワーク、トランスフォーマーを組み合わせて、大規模なデータコーパスを言語パターンと単語やフレーズ間の関連性の分析に使用します。

大規模言語モデル(LLM)の一般的な使用例は何ですか?

LLMは一般的にチャットボット、コンテンツ生成、AIシステム開発に使用されます。

LLMOpsの主要なコンポーネントは何ですか?

LLMOpsは、データの管理、モデルの微調整と適応、ソリューションのデプロイ、パフォーマンスの監視に使用されるツールの包括的なスイートで、最適な言語と学習モデル(LLM)の結果を提供します。

それはデータサイエンティスト、エンジニア、ビジネスユーザーがLLMソリューションの開発とデプロイメントに協力するための統一されたプラットフォームを提供します。また、ユーザーがすばやく簡単にモデルをプロダクションにデプロイし、パフォーマンスを監視し、必要に応じてモデルを調整することを可能にします。

More terms

What is situation calculus?

Situation calculus is a logic formalism designed for representing and reasoning about dynamical domains. It was first introduced by John McCarthy in 1963. The main idea behind situation calculus is that reachable states, referred to as situations, can be defined in terms of actions that lead to them.

Read more

What is commonsense knowledge?

Commonsense knowledge refers to the basic, self-evident knowledge that most people possess about the world around them. This includes understanding of everyday objects, events, and situations, as well as the ability to make sense of and interact with the world. Examples of commonsense knowledge include knowing that you should not enter an elevator until others have exited, or that if you stick a pin into a carrot, it makes a hole in the carrot, not the pin.

Read more

It's time to build

Collaborate with your team on reliable Generative AI features.
Want expert guidance? Book a 1:1 onboarding session from your dashboard.

Start for free